自分の理想のマイホームを建てるために!基盤となる資金計画を固めよう

自分の理想のマイホームを建てるために!基盤となる資金計画を固めよう


将来困らないために資金計画を

注文住宅では、ハウスメーカーに依頼して理想とするマイホームを建ててもらうようになりますが、まずは資金計画を固めてから依頼をするようにしましょう。資金計画を間違えて理想を詰め込んだ家を建てると、予想以上に費用がかかり、予算をオーバーした家を建てて返済に困ることがあります。家を建てるために費用はどれだけ出せるかを事前に考え、予算の範囲内で家を建ててくれるハウスメーカーを探しましょう。そうすることで、将来病気や事故など予想外なことが起きても、滞りなく住宅ローンの返済を行うことができます。

家を建てる時は、家の本体工事費だけでなく、電気設備などの付帯工事費がかかります。そこに住宅ローンの諸費用もプラスされ、人によっては引っ越し費用も必要になるため、自分の生活状況も考えて資金計画を練る必要があります。

資金計画をたてる前提

注文住宅での資金計画をたてる際は、自分が建てたい家の金額を把握するか、用意できる金額に合わせた家を建てるかでやり方が変わってきます。自分の建てたい家がある場合は、ライフスタイルに合わせた快適な家を造りやすくなるため、家に対して外せないこだわりがある方は、事前に建てたい家の相場を知っておきましょう。ですがその場合、予算オーバーとなっている可能性も高く、見積もりをしてみると資金が足りないという事態にもなります。用意できる金額を算出してから注文住宅を建てる場合は、返済にも余裕を持って行えますが、住宅の自由度が下がり、理想とする家は建てられない可能性があります。

どちらを前提として踏まえるかによって、資金計画をたてていきましょう。

ローコスト住宅とは、材料費、人件費・広告宣伝費、諸経費の3つを削減する事で、安く建てることができる住宅のことです。

Previous post 賃貸住宅は二つのポイントを押さえて選ぶ!重要なのは何?
Next post ゴミ置き場は確認した?賃貸の設備として見ておくべきポイント